カンバーランド長老キリスト教会 泉教会

牧師のテレホンメッセージ

キリスト教“ほっと”ライン
Tel 045-364-4041

このページの最新メッセージは、上記の電話番号で聞くことができます。
どうぞ おかけください(自動応答)。

私は、40年近く、牧師をしてまいりました。ずいぶんいろいろな方との出会いをさせていただいたのですが、ある時、玄関に「お水をください」という方が訪ねて来られたのです。理由を聞きますと、何か、病気をお持ちらしく、途方に暮れる思いで占いをしてもらったところ、近くの神社、お寺、どこでもよいからそういうところでお水をもらって飲みなさい、と言われたらしいのです。

水を入れた器を手渡しながら、私は言いました。「これは水道の、普通の水ですよ」。そして、聖書から次の言葉をコピーして、お水と一緒に差し上げたのです。─「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」。

人は、辛い状況の中で「お水」をもらいに行く。いえ、別に辛い時だけではなく、(どうでしょうか)私たちはいつも、手元に置く何かの物、それは地位とか人からの称賛であるかも知れない ─ そういうものをもって、安心の材料にしていくのではないでしょうか。聖書は、「この水を飲む者はだれでもまた渇く」と言っています。何か、言いあてられているような気がしないでしょうか。

続けて「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」と言うのです。これはイエス・キリストという方の言葉です。”出会い”は人生を変える、といわれますが、ここに、わき上がる「命」との出会いがある。キリストとの出会いによって、人が人として、安心して生きることができると聖書はいうのです。

この電話は、「キリスト教”ほっと”ライン」と言いますが、キリスト教は、私たちの心と生活に、命がある「ほっと」する道を開くのです。キリストという方と一緒に、ほっとする道を、あなたも歩いてみませんか。あなたもぜひ、教会においでになってみてください。

その他のメッセージの例

私が前に住んでいた土地に、蓼川(たでがわ)という川が流れていました。昔はその辺りに蓼という草が生い茂っていて、それが川の名前になったのでしょう。厚木飛行場の中を流れ、やがて引地川に吸収される、全長7キロくらいの小さな川です。

ところで、この川には水源がありません。昔はあったのですが、今は埋め立てられ、クリーニング工場になってしまったのです。では、そこを流れている水は何かと言うと、その工場の排水であり、近くの家々から流れ出る生活排水なのです。そうなると、これはもう、生きた川などではなく、実は命のない川になってしまっているのです。

私はこの話を聞いたとき、私たちに似ているなあ、と思いました。水源がない。つまり、人を本当に生かすものがなく、あってもそこにつながっていなくて、生活排水が流れているような人生に似ている、と思ったのです。ただ日々の生活を処理しているだけで、それで、毎日けっこう忙しくはしていますが、生きているように見えますが、実は生きていないのです。

聖書を開くと、私たちは、私たちを造ってくださった方から離れ、勝手に好きなことをやっている、という人間理解を示します。つまり、水源を持たず、的外れの人生を歩んでいるから、たわいもないことで不安や恐れを感じ、人間関係においても、ねたみ、争いが絶えない、と言うのです。あなたがこの人間理解に賛成する、しないはともかく、どうでしょうか。あなたは自分と調和し、人とも調和して、豊かな歩みを営んでいらっしゃいますか?

ある年配の方が、自分には何の問題もないと言われました。ところが、そのご家族が、おじいちゃんの頑固には困っている、と周りに漏らされました。自覚しているか、いないかの問題であって、私たちは、どうもあの蓼川のように水源を失って、自己中心的な生き方をせざるを得ない者のようです。

いかがでしょうか。人生の創造者、水源となってくださるキリストという方に、今、少しだけ、あなたの顔を向けてご覧になりませんか。泉教会では、初めての人も気兼ねなく、聖書のお話を聞くことができます。

昔、新聞配達のアルバイトをしていた時のことです。自転車を止めてポストに向かって歩き始めた直後、嫌な予感がして後ろを振り返ったら、その目の前で自転車が新聞の重みで勝手に動き出して、倒れてしまいました。運悪く、そこにドブがあり、悪いことは重なるものです。ドブには水がたまっていたのです。かなりの新聞がそのドブの中に放り出されてしまいました。これは困ったと思いました。

そしてそのあと、私のしたことを皆さん、想像できますか。─ そのあとの一軒一軒、「すみません、こういう訳です」と言って、謝って回ったのです! 店の方では、「潮田の奴、いやに帰りが遅い」という訳で、心配して先輩が見に来たら、私がそんなことしているのですね。「何やってるんだ、こういうことのために、店には余分があるんだ。すぐに戻らなければだめじゃないか!」と、叱られ、呆れられてしまったのでした。

ただ真面目に一生懸命やればいいのではない。自分が結び付くところ、戻らなければならない所に戻らなければ、真面目にやっても空しくなってしまうことがあるのです。

聖書の初めに何が書かれているか、ご存知でしょうか。「初めに、神は天地を創造された」これが、聖書の1行目です。「初めに、神は天地を創造された」─ 「初めに」というのは聖書では「大事なこと」という意味で、「本当に大事なこととして、神は天地を創造された」。逆に言えば、天地、そこに生きる人間は、これを造られた創造者(神)と結びついている。これが大事なことだ、というのが聖書の冒頭の言葉なのです。しかし、先ほどの私の失敗のように、人は自分が結び付くところ、戻らなければならないところに戻らないで、ただ一生懸命やろうとしています。結局、何をやっても空しくなっていくのではありませんか。あなたも、あなたの原点である造り主、神に、戻って行ってほしいと、心から思います。

泉教会は、あなたのおいでをお待ちしています。

 

Copyright © 泉教会 All Rights Reserved.